テレビ

木村光伯(木村屋總本店社長)の学歴経歴まとめ!【カンブリア宮殿】

2021年6月10日放送のカンブリア宮殿で木村屋總本店社長の木村光伯さんが特集されます。

木村さんは明治から続く創業143年の老舗企業である木村屋總本店の家系で生まれ、現在7代目社長でもあります。

今回は木村光伯さんの学歴や経歴について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

木村光伯の学歴

木村光伯

木村さんは学習院大学経済学部経営学科を卒業しています。

木村さんは小学校から学習院に通っていて、かなりのエリートコースだったことがわかりますね。

大学のゼミで学んだ製品開発やマーケティングの知識が現在の仕事にも活きているそうで、現在「学習院若手経営者の会」を開催して経営のことについて討論する時間を作っています。

また学生時代から木村屋總本店のパン工場でアルバイトを経験していて、現場の空気を肌で感じていたことも社長業に活かされているのかもしれません。

スポンサーリンク

木村光伯の経歴

木村光伯
  • 名前:木村光伯(きむら みつのり)
  • 生年月日:1978年?月?日(43歳)
  • 出身地:東京

木村さんは学習院大学を卒業後、木村屋總本店に入社しますが、一からパン作りを学びたいという思いから日本とアメリカで本格的にパン作りを学びます。

自社だけでなく、外部でもパン作りを学ぶところが勤勉だなと感じますね。

その後2005年に代表取締役に就任。翌年の2006年に父親であり6代目社長の木村周正さんが体調を崩し、急遽ではありましたが28歳という若さで7代目社長に就任します。

ただ光伯さんが社長に就任した時、木村屋總本店は4期連続で赤字を出している状態でした。

そこで光伯さんが取った行動は先輩経営者にアドバイスを聞いて回ること。

  • 「覚悟と心構え。自分で軸を持ちなさい。」ー日本製粉・澤田浩会長
  • 「慎独」(自分一人でも行いを慎む)ーアサヒビール・故中條高徳名誉顧問

この2つの言葉を光伯さんは今も大事にしているそうです。

その後会社は黒字回復しましたが、その頃実施した社内アンケートで「将来の展望が見えない」といったネガティブな意見が多く寄せられました。

そこで光伯さんは時代に合わせて商品を提供していくことを決めました。

「創業時とは、食生活や環境が大きく変わっています。昔ながらの製法を守りながら、現代のお客さまの嗜好にあった商品をご提供する方法を考える。そこに社長としての私の挑戦があると思っています」

引用元:学習院大学
今後どんなパンが発売されていくのか楽しみですね!
スポンサーリンク