テレビ

道脇裕の経歴プロフィール!アイデアの秘訣も紹介【カンブリア宮殿】

2021年6月17日放送の「カンブリア宮殿」で株式会社NejiLaw(ネジロウ)の道脇裕社長が特集されます。

道脇さんは今までになかった「緩まないネジ」を発明し、現在企業からの依頼が絶えないベンチャー企業の社長で、「ネジの革命児」とも呼ばれています。

今回は道脇裕さんの経歴や革新的なアイデアはどうやって生まれているのかを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

道脇裕の経歴プロフィール

道脇裕
  • 名前:道脇裕(みちわき ひろし)
  • 生誕:1977年
  • 出身:群馬県

道脇さんは10歳の時、小学5年生で自ら小学校を休学します。

「学校の授業は拷問みたいな感覚でした。先生からの説明がなくても教科書にほとんどすべてが書かれていて、その内容は1週間ほどで授業時間のなかだけで終えてしまう。すると、そのあとの1年間は時間が余るわけですが、椅子に座り続けなくてはならないわけです。これが苦痛で、隣の子にちょっかいを出したり、席を立って歩いたり、教科書全ページを迷路やパラパラ漫画にしてしまったり……。とにかくヒマでヒマで1秒が永遠のように感じていたのです。これはもう無理だと思って小学校5年生のときに、自主的に小学校を休学することにしました」

引用元:FRISK

小学5年生ですでに自分の感覚とは違うと感じていながら、何をすればいいのか分からずに、とりあえず大学教授をしていた母親の研究室に通っていたそうです。

道脇さんは研究室にあった電子顕微鏡やビーカーなどを駆使して、モーターや電気分解の装置を作ったりといろいろ実験や工作をしていました。

このときから発明家としての才能が育まれていったのでしょうね。

道脇裕のアイデアはどうやって生まれる?

道脇さんのアイデアの源は好奇心旺盛な性格にあります。

道脇さんはまずなんでもやってみて、体感で感じて考えることを意識しています。

小さい時に貧しい暮らしをしていたこともあり、新聞配達や漁師、とび職など様々な仕事を体験していきました。

体験を通して出た疑問や気づきを増やしていくことで興味が湧き、発明に繋がるそうです。

ただ、発明を思い付いたとしても、頭の中で解決すると半分興味がなくなることもあるとのことですが、次の発明が勝手にあふれてくるんだとか。

これは子どもの頃からずっと続いていて、道脇さんにとって発明はいつものことなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

道脇裕が発明した「緩まないネジ」ができるまで

道脇裕,緩まないネジ

道脇さんが「緩まないネジ」のアイデアを思い付いたのは、19歳の時に乗っていた車のタイヤの脱輪がきっかけでした。

車体とタイヤを固定する5本のボルトのうち、1本が折れてしまった影響で残りの4本が緩んでいたそうです。

その数日後に「ねじとは緩むもの。緩まなくするのは不可能で、永遠のテーマだ」という話を聞いた時、『なぜ不可能と言えるの?』と疑問に感じ、その場で”緩まないネジ”の仕組みを考え付いたそうですが、開発までには至りませんでした。

そこから10年くらい経ったあと、家に引きこもってやっていた数学の研究に区切りがついたときに、発明の事業化を勧めていた人と株式会社NejiLaw(ネジロウ)を設立。

200個くらいのアイデアを議論していた際、一番世の中へのインパクトが大きいのではないかということで、緩まないネジの開発に乗り出すことになったのです。

しかし、ねじ屋さんに持って行っても「そんなものできるわけがない」と門前払いが続いていましたが、7年後に知り合いのツテをたどって金属加工屋さんになんとか作ってもらい、実現しました。

今では工場内など大型の機械製品に使われているとのことで、今後私たちの生活に欠かせないものになっていくかもしれませんね。

スポンサーリンク