ニュース

大阪万博のロゴの意味や経緯はなに?ネットで気持ち悪いと話題に!

大阪万博,ロゴ

8月25日、2025年に開催される大阪万博のロゴが発表されました。

万博の象徴になるものですが、ネットでは否定的な意見が多く挙がっていました。

そこで今回は大阪万博のロゴの意味や決定の経緯についてまとめてみました。

スポンサーリンク

大阪万博のロゴが気持ち悪い!

日本国際博覧会協会は2025年の大阪万博のロゴを発表しました。

かなり個性的なデザインですが、ネットではロゴに対する否定的な意見が多く挙がっていました。

かなり否定的な意見が多いですが、話題性はあるかもしれませんね。

1970年に行われた大阪万博の象徴だった「太陽の塔」は、今では馴染み深いものになっていますが、開催当時は否定的な意見もあったそうです。

今回のロゴも万博が終わった後には、万博の顔として馴染み深いものになるといいですね。

大阪万博のロゴの意味は何?

大阪万博,シマダタモツ

今回決定した大阪万博のロゴの意味は、「踊っている、跳ねている、弾んでいる、だから生きている」という意味だそうです。

デザインを担当したアートディレクターのシマダタモツさんは、「1970年の大阪万博のDNAを表現した」と説明しています。

ロゴマークは形が異なる細胞をつなげることで、1つの生命体を表現。目のように見える5つの点は、5枚の桜の花びらをデザインした70年万博のシンボルマークから着想を得たという。

中央の楕円は大阪府や関西圏を描いている。シマダ氏は「細胞を組み替えて、文字や数字を表現するなど変化させるのが面白い」と話す。

引用元:日本経済新聞

また、大阪、関西、日本をアピールするために、万博ロゴの下に「OOSAKA、KANSAI、JAPAN」という文字を入れています。

大阪から関西、日本を盛り上げていこうというのが伝わってきますね。

スポンサーリンク

大阪万博のロゴが決まった経緯は?

今回の大阪万博のロゴは

  • さまざまな個(一人ひとり)が輝く
  • 個と個が繋がり、共創が生まれる
  • 共創が連続することで、持続可能な世界が創り出される
  • 日本らしさ、大阪・関西らしさを発信する
  • 今までにないアプローチに挑戦する

というキーワードを元に公募されました。

応募総数5894作品の中から最終候補5作品が選ばれ、審査を経て今回のロゴに決定しました。

大阪万博

他の候補と比べると異彩を放っている感じがしますね。

 

スポンサーリンク