スポーツ

赤星優志の家族構成まとめ!兄弟は6人で父親は闘病中だった?【巨人】

2021年のドラフトで巨人から3位指名を受けた赤星優志投手。

2022年の開幕ローテーションを勝ち取り、勢いに乗っている投手です。

そんな赤星投手は大家族で生まれ育ったことがわかりました!

そこで今回は赤星優志投手の

  • 家族構成
  • 父親は闘病中だった?

この2つについてお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク

赤星優志の家族

赤星投手の家族構成は

  • 父親(篤志さん)
  • 母親(笑子さん)
  • 姉3人
  • 兄2人
  • 優志

の8人家族です。

優志さんは6人兄弟の末っ子です。

野球を始めたきっかけは兄2人の影響とのことで、自慢の弟ですね!

赤星投手は仮契約の時に、2つの夢を語っていました。

  • プロ野球選手になること
  • お世話になった親に家を買ってあげたい

プロ野球選手になる夢は叶えられたので、親への恩返しも叶えられるといいですね!

スポンサーリンク

赤星優志の父親は闘病中?

赤星投手の父、篤志さんは2020年に食道がんであることが発覚しました。

その後闘病を続け、今年の3月28日の赤星投手の初登板の日に、東京ドームのスタンドで車いすで観戦。

6回1失点の好投でしたが、惜しくも勝ち星はつきませんでした。

そして4月3日の阪神戦でテレビ越しではありましたが息子の初勝利を見届け、翌日の4日に58歳という若さで亡くなられています。

初勝利の瞬間は大粒の涙を流して喜んでいたそうです。

赤星投手は子供の頃、篤志さんにノックを打ってもらったり、バッティングの練習でトスを上げてもらっていたそうです。

息子の勇姿を見れて本当に嬉しかったでしょうね。

これからどんどん活躍して天国のお父さんに勝利を届けてほしいですね!

スポンサーリンク