スポーツ

松川虎生の家族構成まとめ!父は大工で阪神ファン!名前の由来についても

高卒ルーキーながら1軍で活躍している千葉ロッテの松川虎生選手。

佐々木朗希投手との相性も抜群ですよね。

そんな松川選手の父は大工で阪神ファンであることがわかりました。

今回は松川選手の家族についてまとめてみたのでぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

松川虎生の家族構成は?

松川虎生選手の家族構成は、父、母、兄の4人家族です。

父:倫久(ともひさ)さん

松川虎生,家族

こちらが父親の倫久さん。現在45歳で、大工の棟梁をされています。

松川選手の実家は大阪府の阪南市で、倫久さんが建てられました。

松川選手の出身高校である市立和歌山の最寄駅から3駅離れた場所にあるそうです。

倫久さんは松川選手が高校在学中に保護者会長をしていたとのことで、父子揃ってリーダーの素質があるのかもしれませんね。

母:紗絵美(さえみ)さん

母の紗絵美さんは現在44歳。職業はわかっていませんが、おそらく専業主婦ではないかと思われます。

松川選手は高校入学時に体重が100キロを超えていたので、体を絞るためにトレーナーが作ったメニューに沿って料理を作っていました。

高校2年に上がる時には「揚げ物」と「夜の白米」を禁止。夜はおかずだけ。

その効果もあり、96キロまで体を絞ることができました。

食事面でのサポートはスポーツする人にとって必要不可欠ですね。

スポンサーリンク

兄:竜也(たつや)さん

兄の竜也さんは虎生さんと年が12歳離れています。

松川選手が野球を始めたきっかけは、小学1年の時に当時19歳だった竜也さんの野球をする姿を見たことだそうです。

松川選手にとって憧れの存在だったんでしょうね。

現在は大阪で会社員をしながら草野球で投手をしているとのことです。

松川虎生の名前の由来は?

松川選手の虎生(こう)という名前の由来は、倫久さんと母方の祖父が大の阪神ファンであることから来ています。

松川選手が生まれた2003年は阪神タイガースがリーグ優勝を果たした年だったので、「虎生」と名づけられました。

母方の祖父は野球に対する熱が強く、少年野球の監督をしていました。

大の阪神ファンだったのですが、虎生さんがロッテに入団してからロッテファンになったそうです。

お孫さんの入団が相当嬉しかったんですね。

現在の活躍している姿も家族として誇りに思っているでしょう。

スポンサーリンク