テレビ

松岡智子(画家)のプロフィールまとめ!川越での個展についても紹介

2022年4月12日放送の「セブンルール」に画家の松岡智子さんが出演されます。

「コロナ禍で挑戦を続ける女性」として取り上げられているのですが、実は松岡さんは画家を始めてまだ2年ほどなんです。

しかし、あのルーブル美術館での出展や埼玉県の川越での個展を開催予定など画家としてのキャリアを積み重ねています。

今回は松岡智子さんのプロフィールや川越の個展の情報についてまとめてみました。

スポンサーリンク

松岡智子のプロフィール

松岡智子
  • 名前:松岡智子(まつおか ともこ)
  • 出身:埼玉県川越市
  • 誕生年:1989年
  • 最終学歴:東京大学大学院

松岡さんが始めて絵を描いたのは幼稚園の頃で、自由な色で好きな生き物を描くのが大好きだったそうです。

しかし松岡さんは集中すると周りが見えなくなる過集中と衝動性の二面性を持っていて、芸術の世界で生きていくことは難しいと芸術から離れていました。

大学は美術大学に通っていたわけではなく、理系の大学を卒業。2020年までは普通の会社員として働いていました。

会社員時代に起業にチャレンジしたのですが失敗し、支えてくれた彼氏にも振られ、自分の存在意義がわからなくなっていたそうです。

そのときに幼い頃にしていた「表現する」ということをもう一度してみようと決心し、スポーツ選手の方を表現するライブペイントをきっかけに画家としてのキャリアをスタートさせました。

ライブペイントの活動経験を積み、キャリアスタートから1年後にフランスのルーブル美術館の出展依頼が来ます。

しかし経済的に余裕がなかった松岡さんはクラウドファンディングを募ったのですが、なんと3日で目標の120万円を達成したんです!

これだけ応援してくれていると自分の存在が認められたんだと嬉しくなりますよね。

スポンサーリンク

松岡智子の川越での個展情報

松岡さんは4月16日に埼玉県川越市のウェスタ川越で行われる「川越アートプロジェクトシンポジウム」に参加されます。

観光地として栄えていた川越市ですが、コロナの影響もあり観光客数が半減、外国人観光客は9割以上減少になっているそうです。

そこで絵画や音楽、ファッションなどの芸術を通じて、言葉以外での交流でまちづくりをしていこうという取り組みです。

松岡さんはこのシンポジウムで製作した絵を出展する予定だそうです。

松岡智子

時間は13時から14時半。参加無料。Zoom配信も行う予定とのことです。

どんな絵になるか楽しみですね!

スポンサーリンク