スポーツ

ロティーナ監督が痩せた?画像で昔と今を比較してみた【ヴィッセル神戸】

サッカーJ1のヴィッセル神戸の監督にスペイン人のミゲル・アンヘル・ロティーナさんが就任することが発表されました。

ロティーナ監督は2017年に東京ヴェルディの監督として来日。2019年から2年間率いたセレッソ大阪をJ1で5位、4位と好成績を残しています。

4月8日に監督就任会見を行ったのですが、その風貌に「痩せた?」との声が上がっていました。

そこで今回はロティーナ監督の昔と今を画像で比較してみました。

スポンサーリンク

ロティーナ監督が痩せたとの声!

4月8日に行われたヴィッセル神戸監督就任会見のロティーナ監督の様子がこちらです。

ロティーナ

ロティーナ監督に対するネットの声がこちらです。

ロティーナ監督の昔と今の比較

ロティーナさんがセレッソ大阪の監督をしていた時の画像がこちらです。

ロティーナ

そしてこちらがヴィッセル神戸の監督就任会見のロティーナさんです。

ロティーナ

やはり痩せている印象を受けますね。

頬がこけているのと、顎から首にかけて細くなっている印象ですね。

年齢が64歳ということで、持病を持っていてもおかしくはない年齢ですが、健康面で退任ということにならなければいいですね!

スポンサーリンク

ロティーナ監督は解任の可能性が高い?

ロティーナさんがヴィッセル神戸の新監督に就任したのですが、すでに「解任されるのでは?」との声も実は上がっているんです。

このような声が上がっている理由として

  • ロティーナの戦術が浸透するには時間がかかる。神戸が開幕から9戦未勝利で、すぐに結果を求められる状況であるため浸透するまでにフロントが我慢できないのではないか
  • 今までのチームの特徴がオフェンス重視であり、守備的な戦術に定評のあるロティーナの采配は合わないのではないか

ということが考えられるからです。

しかし、イニエスタやボージャンなど世界で活躍してきたスペイン人選手も在籍しているので、同じスペイン人として良い影響もあると思います。

ロティーナ新監督の采配に期待しましょう!

スポンサーリンク