スポーツ

白井審判の海外の反応は?誤審が多く引退か?退場させた選手監督も

2022年4月24日に行われたプロ野球、ロッテ対オリックスの試合で、先発した佐々木朗希投手の不満そうな態度に対し、球審を務めた白井審判が詰め寄る場面がありました。

あまり見ない光景ではあったんですが、実は白井審判は過去にも選手や監督と判定をめぐって一悶着を起こしていたことがわかり、審判の中では有名な存在であることがわかりました。

今回のことについて国内だけでなく海外からも話題になっていたので、どんな声が上がっていたのか、また白井審判が過去に退場させた選手についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

白井審判に対する海外の反応は?


今回の件に対して海外からはこんな反応がありました。

  • プロとして非常識だ。若い投手にその表情が気に入らないというだけで試合を止めるなんて。彼は繊細な投手なのに。
  • 球審ショーは勘弁してくれ。
  • 日本の審判員もこっちと同じで、自分達が一番偉いと思ってるんだな。マウンドにまで詰め寄っていくほどのことを佐々木がしたようには見えなかったが。

海外でも佐々木投手ではなく、白井審判の態度に対して良くないというような意見が多いですね。

白井審判は誤審が多い?

白井審判は同じ試合で別の判定でも疑問に残るものがありました。

これは明らかにストライクではないかと思いますよね。

キャッチャーが「え?ボール?」というリアクションをしているのがわかります。

今回の件で白井審判は誤審が多く、引退するべきという意見がありました。

スポンサーリンク

白井審判が過去に退場させた選手、監督まとめ

ここからは白井審判が過去に退場させた選手や監督についてまとめてみました。

メッセンジャー投手

メッセンジャー投手は2010年から2019年の10年間阪神タイガースに在籍していました。

2018年4月12日に行われた広島戦で白井審判に対し暴言を吐いたとして退場処分になりました。

中畑清

2013年4月16日に行われた広島対DeNAの試合で当時DeNAの監督だった中畑清監督が退場になりました。

中畑監督ものすごい抗議していますね。

白井審判は中畑監督のあまりの抗議に「心に傷を負った」と話していたそうです。

山﨑武司

2010年7月27日、楽天に所属していた山﨑武司選手が白井審判のストライク判定を巡って暴言を吐き、退場になりました。

白井審判は過去にも多くの退場処分に関わっていたことがわかります。

今回の件でも「また白井か」と感じる人も多かったでしょうね。

あくまで主役は選手であり、審判が目立つような試合は後味が悪いものになってしまいます。野球だけではないですよね。

審判も人間なので間違った判定をしてしまうことはあると思いますが、後から謝罪なりできることはしっかりしていくべきだと思います。

嶋田球審
嶋田球審の判定が巨人よりでひどい?過去の審判歴についてまとめてみた10月24日に東京ドームで行われた巨人-阪神の試合で、阪神のジェリー・サンズ選手が退場処分になりました。 ボールだと思って見逃した...
スポンサーリンク