芸人

天竺鼠・川原克己が天才で面白い!瀬下自粛で今後の活動はどうなる?

お笑いコンビ天竺鼠の瀬下豊さんが、4月14日に自身のツイッターで当面の間、芸能活動を自粛することを発表しましたね。

最近テレビで活躍して、これからというときだったので残念ではありますが、相方の川原克己さんの対応に「天才!」「面白い!」という声が上がっています。

今回はそんな川原克己さんに注目し、さらに今後のコンビでの活動がどうなっていくのか考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

天竺鼠・川原克己が天才と話題!

瀬下さんがツイッターで芸能活動を当面の間自粛すると発表した同じタイミングで、川原さんも自身のツイッターでコメントを発表しました。

このコメントに対し、ツイッターでは、

かなり賞賛の声が上がっています。

さすが芸人さんというコメントですね!

スポンサーリンク

天竺鼠・川原克己の今後の活動はどうなる?

今回の瀬下さんの自粛を受けてコンビでの活動はどうなっていくんでしょうか?

川原克己がピンで活動する?

川原さんはコンビでの活動の他にYouTubeや絵本作家としての顔も持っています。

YouTube

川原さんはYouTubeのチャンネルを持っていて、現在チャンネル登録者は14万人。

特に「究極シリーズ」の動画が人気で、千鳥・ノブさんとの対決動画は再生回数100万回を超える人気動画です。

テレビではできないような企画もYouTubeでできたりするので、川原さんのセンスにハマる人も増えそうですね!

絵の才能

川原さんは芸人の他に絵本作家としての顔も持っていて、2019年1月に絵本「ららら」を出版しています。

アートに目覚めたのはコンビ結成したときだそうで、単独ライブの時に舞台袖のパネルにお菓子を並べて、別のお菓子の字を書いたものが好評だったことがきっかけだったとのこと。

アートでも芸風と同じく独特な物の見方や発想が反映されてますね。

アートを生み出すときには「自分自身が第三者として見たときに、嫉妬するような作品」を第一に考えているそうです。

2018年から2019年の年末年始には個展「Maenomeri展」を東京と大阪で開き、東京では2週間で入場者が5000人を突破。

川原,天竺鼠

川原さんは絵本作家としての活動は「売れる」ではなく「自分が好きなことをやってそれを好きな人に好いて貰えばいい」というスタンスでやっているそうです。

瀬下さんの復帰を待ち、コンビでの活動継続

今回の瀬下さんの一件でかなり批判的な意見が多かったですが、「天竺鼠」としての活動はやめてほしくないという声もありました。

天竺鼠はキングオブコントの決勝にも進出したことがある実力があるコンビですし、瀬下さんがいないと成り立たないと感じる人も多いですね。

瀬下さんがしてしまったことは反省しないといけないですが、天竺鼠は解散せずにいつかまた漫才やコントが見れるといいなと思います!

スポンサーリンク